前回レポート

第1回(2015 年)開催実績

会 期:2015年11月11日(水)~13日(金) 10:00 ~ 17:00

会 場:幕張メッセ 4・5・6 ホール/国際会議場
(鉄道技術展と同時開催)

後 援:総務省、国土交通省、千葉県、千葉市

協 賛:公益社団法人地盤工学会、
公益社団法人土木学会、
一般社団法人日本建設業連合会、
一般社団法人日本橋梁建設協会、
一般社団法人日本トンネル技術協会、
一般社団法人次世代センサ協議会
※順不同

開催規模:59社・団体 97小間

登録入場者数(鉄道技術展 来場者との総数)

開催日 天気 登録入場者数
11月11日(水) 晴れ 8,731名
11月12日(木) 晴れ 9,136名
11月13日(金) 曇り 10,640名
合    計 28,507名

注)上記の発表には、主催関係者、出展関係者は含めておりません。
また、リピーター(会期中の複数の日にわたって来場した人)は1名としてカウントしました。

来場者分析


※講師、所属は開催時のものです。

併催セミナー

基調講演 『社会資本の老朽化対策について』

11月11日(水) 11:00 ~ 12:00 
国土交通省 総合政策局 参事官(社会資本整備) 小林 靖 氏

特別講演

特別講演I 「社会インフラの経年劣化の現状と課題」(土木学会認定CPDプログラム- JSCE15-0844)

11月11日(水) 13:30 ~ 15:00 
企画協力:一般社団法人次世代センサ協議会 社会インフラ・モニタリングシステム研究会
東京都市大学 学長 三木 千壽 氏

特別講演Ⅱ 「道路トンネルの維持管理技術の動向」(土木学会認定CPDプログラム- JSCE15-0845)

11月12日(木) 13:30 ~ 14:30 
企画協力:一般社団法人 次世代センサ協議会 社会インフラ・モニタリングシステム研究会
国立研究開発法人 土木研究所 つくば中央研究所 道路技術研究グループ 上席研究員 砂金 伸治 氏

特別講演Ⅲ 「鉄道構造物の維持管理の現状と最近の技術開発」(土木学会認定CPDプログラム- JSCE15-0846)

11月12日(木) 15:00 ~ 16:00 
企画協力:一般社団法人 次世代センサ協議会 社会インフラ・モニタリングシステム研究会
公益財団法人 鉄道総合技術研究所 構造物技術研究部 部長 谷村 幸裕 氏

特別講演Ⅳ

11月13日(金) 13:30 ~ 15:55  

13:30 ~ 14:15「高速道路の維持管理(橋梁、トンネル)」
東日本高速道路(株) 管理事業本部 管理事業計画課長 兼 SMH 推進チーム リーダー 松坂 敏博 氏
14:20 ~ 15:05「地下鉄の維持管理(トンネル、橋梁)」
東京地下鉄(株) 鉄道本部 工務部 土木担当部長 小西 真治 氏
15:10 ~ 15:55「ICTを用いたインフラの戦略的な維持管理」
東京大学大学院 情報学環 特任教授 石川 雄章 氏

※社名は開催当時のものです。

前回出展社一覧

(株)アイチコーポレーション、アナログ・デバイセズ(株)、(株)エコクリーン、エスアールジータカミヤ(株)/日鐵住金建材(株)、エプソン販売(株)、エフティーエス(株)、可塑状グラウト協会、クラボウ、クラレプラスチックス(株)、クリスタルコンクリート協会/T&C防食工法協会/(株)日興、(株)ケミカル工事、(株)サカタ製作所、(株)三桂製作所、(株)サンコウ電子研究所、(株)シーエス・インスペクター、(一社)次世代センサ協議会 社会インフラ・モニタリングシステム研究会、JIPテクノサイエンス(株)、(公社)地盤工学会、昭和電工(株)、(株)ソーシャル・キャピタル・デザイン/東北インフラ・イノベーション・コンソーシアム、(株)ダイフレックス、太平洋セメントグループ 太平洋セメント(株)/小野田ケミコ(株)/(株)太平洋コンサルタント/太平洋プレコン工業(株)/太平洋マテリアル(株)、太陽工業(株)、(株)谷沢製作所、ティー・アイ・トレーディング(株)、デンカ(株)、東急建設(株)、(株)東京測器研究所、(株)東設土木コンサルタント/(有)ジーテック、(株)トーチ、土牛産業(株)、(株)特殊高所技術、(株)ニコン・トリンブル、日建リース工業(株)、日綜産業(株)、日本デコラックス(株)、(株)ネクスコ東日本エンジニアリング、(株)バンブーテクノ、(株)ピーエス三菱、非破壊検査(株)、福美建設(株)、(株)冨士精密、(株)富士テクニカルリサーチ、古河産機システムズ(株)、ポリテックジャパン(株)、マイクロストーン(株)、マックス(株)、横河ブリッジグループ (株)横河ブリッジ/(株)横河住金ブリッジ/(株)横河技術情報

このページのTOPへ