併催イベント

基調講演満席

「社会資本の老朽化対策について」

小林 靖 氏

国土交通省 総合政策局 参事官(社会資本整備)

会 期: 11月11日(水) 11:00~12:00
会 場: 幕張メッセ 国際会議場3F 会議室
定 員: 200名(事前申込制)
参加費: 無料。ただし事前申込制とし、定員になり次第締め切ります。
11/9 17:45 定員となりましたので、受付を終了いたしました。
当日の参加は、キャンセル待ちとなります。
11月11日(水)10:55時点でのキャンセル状況によりお席をご案内します。
キャンセル待ちの事前予約は出来ません。当日 10:50からお待ちください。


【講演要旨】
高度成長期以降に整備したインフラが今後、一斉に老朽化する。
厳しい財政状況の中、人口減少や少子高齢化の進む日本において、将来にわたってインフラの機能を持続的に発揮していくための国・地方をあげての取組みの全体像について解説する。

(本講演は土木学会認定CPDプログラムに登録されています)
認定番号:JSCE15-0844

特別講演Ⅰ満席

「社会インフラの経年劣化の現状と課題」

三木 千壽 氏

東京都市大学 学長

会 期: 11月11日(水) 13:30~15:00
会 場: 幕張メッセ 国際会議場3F 会議室
定 員: 200名(事前申込制)
参加費: 無料。ただし事前申込制とし、定員になり次第締め切ります。
11/2 12:00 定員となりましたので、受付を終了いたしました。
当日の参加は、キャンセル待ちとなります。
11月11日(水)13:25時点でのキャンセル状況によりお席をご案内します。
キャンセル待ちの事前予約は出来ません。当日 13:20からお待ちください。

 

【講演要旨】
橋梁などの社会インフラに生じる疲労・腐食・遅れ破壊などの経年劣化を事例に基づいて解説する。
さらには、経年劣化のセンシングとモニタリング、健全度の診断、などの技術の現状と課題について解説する。

(本講演は土木学会認定CPDプログラムに登録されています)
認定番号:JSCE15-0845

特別講演Ⅱ満席

「道路トンネルの維持管理技術の動向」

砂金 伸治 氏

国立研究開発法人 土木研究所 つくば中央研究所 道路技術研究グループ 上席研究員

会 期: 11月12日(木) 13:30~14:30
会 場: 幕張メッセ 国際会議場3F 会議室
定 員: 200名(事前申込制)
参加費: 無料。ただし事前申込制とし、定員になり次第締め切ります。
11/9 17:45 定員となりましたので、受付を終了いたしました。
当日の参加は、キャンセル待ちとなります。
11月11日(水)10:25時点でのキャンセル状況によりお席をご案内します。
キャンセル待ちの事前予約は出来ません。当日 10:20からお待ちください。


【講演要旨】
主として道路トンネルの維持管理技術について、近年の点検制度の概要、実際のトンネルにおける変状や異常の実態、点検の内容や留意点および診断の考え方等を紹介するとともに、変状等の調査手法や対策手法に関して、近年の動向を中心に概説する。

(本講演は土木学会認定CPDプログラムに登録されています)
認定番号:JSCE15-0846

特別講演Ⅲ満席

「鉄道構造物の維持管理の現状と最近の技術開発」

谷村 幸裕 氏

公益財団法人 鉄道総合技術研究所 構造物技術研究部 部長

会 期: 11月12日(木) 15:00~16:00
会 場: 幕張メッセ 国際会議場3F 会議室
定 員: 200名(事前申込制)
参加費: 無料。ただし事前申込制とし、定員になり次第締め切ります。
11/9 17:45 定員となりましたので、受付を終了いたしました。
当日の参加は、キャンセル待ちとなります。
11月11日(水)14:55時点でのキャンセル状況によりお席をご案内します。
キャンセル待ちの事前予約は出来ません。当日 14:50からお待ちください。


【講演要旨】
鉄道は明治期以来建設が進められてきたため、長期間使用を続けている構造物が増加している。鉄道構造物の維持管理に関する取組みは、戦後復興の時期から着実に進められてきたが、最近では、さらなる高経年化に対処するための取組みが進められている。そこで、これらの維持管理の現状と技術開発について述べる。

特別講演Ⅳ満席

会 期: 11月13日(金) 13:30~15:55
会 場: 幕張メッセ 国際会議場3F 会議室
定 員: 200名(事前申込制)
参加費: 無料。ただし事前申込制とし、定員になり次第締め切ります。

10/23 12:00 定員となりましたので、受付を終了いたしました。
当日の参加は、キャンセル待ちとなります。
11月13日(金)13:25時点でのキャンセル状況によりお席をご案内します。
キャンセル待ちの事前予約は出来ません。当日 13:20からお待ちください。


13:30~14:15

「高速道路の維持管理(橋梁、トンネル)」

松坂 敏博 氏

東日本高速道路(株) 管理事業本部 管理事業計画課長 兼 SMH推進チーム リーダー
【講演要旨】
高度経済成長期に整備された高速道路の老朽化対策は避けては通れない課題である。この為、高速道路各社は国の許可を得て本年度より橋梁・トンネルの更新事業に着手する。また、当社では高速道路のスマートメンテナンス化に向けたプロジェクトを推進中である。本講義では、これら最新の取組み状況や今後の方向性を述べる。

14:20~15:05

「地下鉄の維持管理(トンネル、橋梁)」

小西 真治 氏

東京地下鉄(株) 鉄道本部 工務部 土木担当部長
【講演要旨】
地下鉄のトンネルと地上部の橋梁の維持管理の特徴は、1. 87歳の銀座線のトンネルを始め古い構造物が多い、2. 夜間2時間程度の短時間しか作業が出来ない、等である。このため、検査、補修にも工夫が必要である。本講演では、地下鉄の維持管理に関する最近の取組を紹介するとともに、今後の方向性について述べる。

15:10~15:55

「ICTを用いたインフラの戦略的な維持管理」

石川 雄章 氏

東京大学大学院 情報学環 特任教授
【講演要旨】
インフラの高齢化が進む中で安全を確保しつつ効率的にメンテナンスを行うことが求められている。本講演では、ICT機器を使った現場業務の合理化や各種データを活用した判断支援などの事例を交え、ICTを用いた戦略的な維持管理の可能性について述べる。

このページのTOPへ